研修制度が充実している

面倒見の良い先輩がマンツーマンで教えてくれる会社がおすすめ

ドライバー求人は、各地の運送会社や物流会社などで募集が行われており、若手の求職者の間では、研修制度が充実している会社を中心に人気が出る傾向があります。たとえば、業務に慣れるまで面倒見の良い先輩がマンツーマンで配送ルートや運転技術について教えてくれる会社は、初めてドライバーの仕事に挑戦をする人におすすめです。また、新人のドライバーを対象に交通ルールや接遇マナーについて集合研修を実施している会社の数も増えており、業務の合間を縫って仕事上で役立つ知識を身につけられるようになっています。研修制度を重視してドライバー求人を選ぶ際は、なるべく営業利益が良いところや、ベテランのドライバーが揃っているところを中心にチェックしてみましょう。

免許取得から業務開始までのサポートにも注目しよう

トラックドライバーとして自信を持って仕事に励むには、免許取得から業務開始までの期間のサポートが充実している会社を就職先の候補に選ぶことが大切です。特に、大型トラックのドライバーを募集している会社においては、免許を持たない求職者を対象に、大型免許を取得するまでの教習費用の全額を負担したり、教習中の日当を支給したりしているところもあります。こうした会社の中途採用試験の際には、20代から30代の求職者からの応募が殺到することもあるため、早めに書類選考や面接の準備を始めることがポイントです。なお、業務で使用するトラックの車種によっては、専門的な運転技術が必要となることもあり、採用前に担当者から注意事項の説明を受けることが大事です。